二次会 乾杯の挨拶 笑い

二次会での乾杯の挨拶を笑いで包む方法とは?

スポンサーリンク

結婚式などの二次会での乾杯の挨拶というのは、場もだいぶ馴染んできて、盛り上がり始めているところですよね。新郎新婦と親しい人ほど結婚式での二次会の乾杯の挨拶を依頼されることも多いですが、縛りなどが特にない自由な二次会では、どんな挨拶が好まれるのでしょうか。

 

自分の挨拶で、いい雰囲気ができていた場が、沈んでしまうのは避けたいものですから、出来るならその場を盛り上げられるような挨拶にしたいところです。

 

そんな時に、二次会の挨拶では、どんなことを話せば盛り上げられるでしょうか。今回は、結婚式などの二次会で笑いをとれる乾杯の挨拶のポイントについて紹介します。

 

二次会の乾杯の挨拶でのポイントの一つは、イジった後に褒めるというのが鉄則ということです。
二次会での乾杯の挨拶までの流れもそこまで変わりません。自分が挨拶をするときには、まず最初に自分の簡単な自己紹介と、新郎新婦との関係について簡単に説明しましょう。それから、新郎新婦の思い出話を交えて場を和ませつつ、新郎新婦をいじるネタを考えてお苦のがいいでしょう。
スポンサーリンク

その時には、新郎新婦以外の出席者の人たちにも、メッセージを送るようにすると、会場に一体感が生まれます。そして、ちゃんとイジった後には、新郎新婦を褒めるようなエピソードも用意しておいてください。ただし、過去の恋愛ごとに触れるのはご法度ですので、そういった内容は入れないように注意しましょう。

 

結婚式などでの二次会では、楽しさや明るさが、堅苦しさよりも求められるようになります。その時のポイントは、2つです。挨拶文にお祝いの言葉を必ず盛り込む、失礼のない範囲でジョークを盛り込むなど、堅苦しくならなくても大丈夫であることです。お祝いの言葉を混ぜるときには、ご両親や親族へのお祝いの言葉を盛り込む必要はないというのが最初の挨拶と違うところです。

 

そして、三次会から参加した人への配慮もしっかりしましょう。挨拶の際には、自分の自己紹介から始まり、披露宴も素敵だったと伝えてあげるようにしましょう。
スポンサーリンク