結婚式 乾杯の挨拶 ネタ

結婚式の乾杯の挨拶で使える鉄板ネタとは?

スポンサーリンク

あなたは結婚式で乾杯の挨拶を頼まれた経験があるでしょうか。年齢を重ねれば重ねるほど、そういった場で乾杯の挨拶を頼まれることも増えていくのではないかと思います。ですが、あまりそういったことをやったことがない人にとっては、乾杯の挨拶というのは、どういったことを話せばいいか悩んでしまうものです。

 

そんな時に使える鉄板ネタを知っていれば、それだけで結婚式での乾杯の挨拶もなんなく乗り切れそうですよね。ぜひ鉄板ネタを知って、いつでも乾杯の挨拶を頼まれてもいいようにしましょう。

 

「乾杯」という言葉には、杯を乾す(飲み干す)という意味があるそうですが、そのように乾杯の音頭は出席者の人たち全員が気持よく飲み干すことが出来るもののほうがいいですよね。ですが、会社の飲み会ではいざしらず、結婚式という違った場での乾杯の挨拶は、どうしたら良いか分からない人も多いでしょう。

 

今回は、そんな結婚式で使える乾杯の挨拶の鉄板ネタについて紹介します。
スポンサーリンク

結婚式での乾杯の挨拶において、一番のポイントとなってくるのは、要点を手短にまとめることです。乾杯の挨拶は、その言葉通り、乾杯をするために挨拶なのです。出席者の人たちも、グラスを片手に起立して立っています。ここで長ったらしく挨拶をして、披露宴を止めてしまうような挨拶はNGですし、出席者の人たちも疲れてしまいます。ですから、乾杯の挨拶では、要点をまとめて手短にするようにして挨拶を考えましょう。

 

乾杯は、披露宴の開幕を告げる掛け声でもあります。声高らかに、乾杯の宣言をするイメージで話すようにすると、スムーズに行きますし、雰囲気も壊れないでしょう。せっかくのお祝い事ですから、楽しい雰囲気のまま行きたいですよね。

 

そんな時に入れたい鉄板ネタには、季節の花、天気、行事などを挨拶の中に入れるのがいいでしょう。定番ではありますが、それだけ単純でわかりやすいです。そしてその時は、出席者の人が誰でも分かるようなネタを盛り込むことがコツです。

 

ぜひ、笑いに走り過ぎない程度で、盛り込んでみてはどうでしょうか?
スポンサーリンク