乾杯の挨拶 納涼会

納涼会での乾杯の挨拶のポイントとは?

スポンサーリンク

夏場の納涼会というのは、定番のものですよね。会社での夏の飲み会といえば、納涼会と言っても過言ではありません。
ですが、そんな夏の暑さを吹き飛ばすような、納涼会の楽しい席で、乾杯の挨拶を頼まれたら、夏の暑さを吹き飛ばす前に、どうやって乾杯の挨拶を乗り切るかの方に視点がシフトしてしまいますよね。

 

乾杯の挨拶って何を話していいか分からない…という悩みを持ってしまう前に、すぐに使える納涼会での乾杯の挨拶を知りたいところです。
直前に迫ってバタバタするよりは、今から考えておきましょう。

 

今回は、そんな納涼会で使える乾杯の挨拶について紹介します。

 

納涼会というのは、会社の行事ではありますが、比較的砕けた雰囲気の飲み会ではありますが、だからといって乾杯の挨拶が適当でいいわけではないでしょう。だかたといって、面白くしようとオリジナリティを追求しようとしても、逆に場が白けてしまうこともあります。納涼会の挨拶で大事なのは、会の進行を妨げず、場がしらけることのないような気遣いが大事です。
スポンサーリンク

納涼会での乾杯の挨拶までの流れは、通常の飲み会の流れとほとんど変わりません。
司会者の開会の言葉があり、その後すぐに乾杯の挨拶と乾杯の発声をすることになります。ですから、始まってすぐがやっぱり出番となるんですね。

 

ですが、これを乗り切ってしまえば、美味しいお酒と料理が待っていますから、ぜひとも乗り越えてほしいものです。

 

納涼会での挨拶は、基本的に出席者の中で一番役職の高い方がするものです。
そしてその時の挨拶というものは、あっさりとしたもので構いません。あなたからしたら、短いという感じを覚えることもあるでしょうが、納涼会の挨拶で大事なのは、スムーズに次に繋げるという心構えです。
気の利いたことを少し話してみようか…などというように、付け加えて長くなってしまうほうが、流れを切ってしまうことになるので、短いほうがいいのです。

 

そして、それと同じように、乾杯の挨拶も手短にテンポよく乾杯につないでいくのが理想です。

 

ですから、あまり長くなり過ぎないように、スムーズな挨拶を心がけましょう。
スポンサーリンク