結婚式 乾杯の挨拶 面白い

結婚式での面白い乾杯の挨拶とは?

スポンサーリンク

会社の後輩が結婚することになり、自分が乾杯の挨拶をする事になった…といった場合、そう簡単に断るわけにもいきませんし、後輩の前ですから、かっこいい乾杯の挨拶をしたいと考えてしまいませんか?

 

だらだらとした乾杯の挨拶をしてしまうと、新郎新婦や出席した人たちも、長くてうんざりしてしまいます。しかし、だからといって短くまとめすぎてしまっても、素っ気なくなってしまってそれもそれでカッコ悪いですよね。そんな時に、面白い乾杯の挨拶を出来たら、後輩からの尊敬もいっそう深まりますし、結婚式も盛り上がっちゃいますよね。

 

そこで今回は、結婚式で使える面白い乾杯の挨拶について紹介します。ぜひこれを使って、乾杯の挨拶をかっこ良く決めてください。

 

まず最初に乾杯の挨拶で抑えておきたいのは、長くしないということです。新郎新婦をはじめとして、四季に出席している人たとも、あなたの乾杯の一言を待って、グラス片手に起立しています。ですから、乾杯の挨拶は手短にすっきりとまとめるようにしましょう。一般的に乾杯の挨拶は1分程度と言われます。3分を超えてしまうのは長すぎるので、1〜2分で挨拶の構成を考えましょう。
スポンサーリンク

また、挨拶の構成を固めてしまうことも、乾杯の挨拶を考える上で重要です。一度に挨拶を全部考えようとすると、構成がめちゃくちゃで長くなってしまうので、最初に構成を固めて、それぞれのパートごとに文章を考えると、すっきりまとまった文章にすることが出来ます。
一般的な結婚式の乾杯の挨拶の構成は、
1.簡単な自己紹介
2.祝福の言葉
3.新郎新婦のエピソード
4.餞の言葉、乾杯の発声

 

といった形になります。この流れで挨拶を考えると、すっきりとした挨拶にすることが出来ます。

 

乾杯の発声をする際のポイントは、しっかりと「乾杯!」と発声することです。スピーチなのか乾杯なのか分からなかったり、声が小さかったりして、本人にしか分からないタイミングでの乾杯では意味が無いので、乾杯をする際には乾杯とはっきり言うようにしましょう。
スポンサーリンク