乾杯の挨拶 誰に頼む

飲み会などでの乾杯の挨拶は誰に頼むのがベスト?

スポンサーリンク

会社の飲み会などの場合、はじめの挨拶やその後の乾杯の挨拶、そして締めの挨拶などを誰に頼むべきか悩んでしまうものですよね。あなたが飲み会の幹事などで依頼しなければならない場合、誰に依頼するかを考えなければいけません。

 

会社の飲み会ですから、誰が挨拶をするかにも気を使わなければいけない場面も多いですが、それでも頼まなければいけないのですからしょうがないでしょう。

 

そこで今回は、飲み会などでの乾杯の挨拶を誰に頼むべきかについて紹介します。

 

まず一番確実なのは、飲み会の中で立場が一番高い人に効くということです。例えばそれが社長の場合もあれば、出席者の中で一番役職の高い人などがそれに当たるでしょう。
基本的に、飲み会での最初の挨拶は、一番役職の高い社長などにお願いすることになると思います。その依頼をする際に、乾杯の挨拶と、締めの挨拶は誰に依頼するのがいいか、お伺いを立てれば、間違いはないでしょう。
スポンサーリンク

また、歓送迎会や忘年会などでは、締めの挨拶をしない場合もあれば、宴会の幹事や司会が軽めの挨拶で締めるということも多いようです。その場合ですと、一番立場の高い人が最初の挨拶、次に高い人が乾杯の挨拶を行うことが多いでしょう。また、はじめの挨拶をした人がそのまま、乾杯の挨拶をする場合もあります。

 

締めの挨拶をしっかりする場合には、一番立場の高い人が最初の挨拶、二番目の人が締めの挨拶、三番目の人が乾杯の挨拶をする場合が多いようです。最初の挨拶と乾杯の挨拶を、立場が一番上の人が一緒にやってしまい、二番目の人が締めの挨拶をする場合もあります。

 

また、忘年会の場合の乾杯の挨拶は、その年に一番活躍した人に依頼するのもいいでしょう。

 

ただ、同じ役職の人が2人の場合、どちらに依頼するか悩んでしまうこともあるでしょう。その場合、一般的には年配の方に依頼する方が多いです。どうしても勤めている年数や部署などによって力関係が異なっていて、自分では決められない場合、最も役職の高い方や上司に相談してみましょう。
スポンサーリンク