乾杯の挨拶 送別会 例文

送別会での乾杯の挨拶の流れと困ったときの例文は?

スポンサーリンク

長年同じ職場に勤めていると、同じ職場の人で定年退職する人や転勤する人など、様々な事情から今の職場を離れる人も出てくるでしょう。そんな時に開かれるのが、送別会ですよね。

 

そしてその送別会での乾杯の音頭をあなたが取らないといけないとなったら、事前に色々と準備しないといけないですよね。それこそ口下手なのに、乾杯の挨拶をすることになったら、先にスピーチの内容を考えていないと、本番でグダグダになって終わってしまいます。

 

そんな困ったときに使える送別会での乾杯の挨拶の例文と、乾杯までの流れについて紹介します。

 

それではまず初めに、送別会での基本的な挨拶の流れについて説明します。
送別会では、まず最初に1番偉い人が、始まりの挨拶をします。そして、それに引き続く形で、乾杯の挨拶を行います。

 

その乾杯の挨拶を皮切りに、各々食事や飲み物に手をつけ始めて、会食に突入します。
そして送別会の最後に、送られる人の挨拶をもって、送別会が終了します。
スポンサーリンク

つまり、あなたの乾杯の挨拶が終わらない限り、食事やお酒には、誰も手を付けることが出来ないんです。ですから、できるだけ乾杯の挨拶は、手短に済ませることが意識されます。

 

基本的に直属の上司や、場合によっては部下が乾杯の挨拶をすることが多いでしょう。その時に、送られる側とあなたの立場によって、若干挨拶は変わってきます。送別会で送られる人には、それぞれ会社を去る理由があるかと思います。転勤、定年退職、寿退社、健康上の理由からの退職、などなど、様々な理由がおありでしょう。

 

ですから、それぞれの退職理由ごとに、挨拶は変えなければいけません。

 

そして例文を使用する上で、気をつける点は、相手の退職理由がはっきりしているかどうかです。
退職の理由が、定年退職や異動など、はっきりしている場合には、将来に関することもそれとなく乾杯の挨拶の中で触れています。ですが、健康上の理由での退職や退職理由が不明の場合は、一切触れないようにしましょう。

 

もし転勤などでも、栄転と言えない場合には、その部分の言葉を労いの言葉に変えるようにしましょう。
スポンサーリンク