結婚式 乾杯の挨拶 誰

結婚式で乾杯の挨拶は誰に依頼する?選ぶ基準とその時のマナーとは

スポンサーリンク

結婚式では、主賓の祝辞と乾杯の挨拶を誰に頼むべきか悩んでいる人もいると思います。主賓の祝辞と乾杯の挨拶を依頼する場合には、何らかの理由で断られてしまう場合もありますから、こちらからも余裕を持って依頼をしたいですよね。

 

また、偉い人や仕事上の上司に依頼することが多くなると思いますので、お願いのタイミングや、お願いの仕方についても相手の予定など、気を遣ってしまうものですよね。

 

ですから、そんな時に誰に乾杯の挨拶を依頼するかを前もって考えておけば、直前でバタバタすることもないでしょう。余裕を持った行動が大事です。

 

今回はその中でも、乾杯の挨拶を誰に頼むか、そのマナーについて紹介します。

 

結婚式で乾杯の挨拶をお願いしたいゲストは、考えられるパターンの多くが準主賓格である場合が多いのではないかと思います。
例えば、職場の役職持ちの方や上長の方、主賓格として本来はお招きするのだが、様々な事情から主賓の祝辞が依頼できない方、などがそうした乾杯の挨拶に選ばれる場合が多いようです。
スポンサーリンク

主賓と同様に新郎新婦の職場関係の方に依頼するケースが多いみたいですが、職場関係者ばかりになって式の雰囲気が堅くなってしまうのを避けて、学生時代の恩師や親戚など、温かみのある挨拶をしてくださる人へ、乾杯の挨拶を依頼するケースも増えてきています。

 

そして乾杯の挨拶は主賓の祝辞と異なり、はっきりとした発声をしていただくのが重要です。
社会的地位を主賓が考慮される場合は、明るい印象を持っていて、声がよく通るゲストに乾杯の挨拶を依頼することで、会場全体が盛り上がり締まるでしょう。

 

また、乾杯の挨拶を依頼するときには、出来る限り早い時期に、結婚することの報告、結婚式への出席を承諾してもらう、乾杯の挨拶をしていただけるかを確認する、の3点を、直接会える場合は出来る限り直接会って、依頼するようにすることをオススメします。遠方の場合には、電話や手紙などで連絡を取るようにしましょう。
スポンサーリンク