部下の結婚式 乾杯の挨拶

部下の結婚式で乾杯の挨拶をやる際のポイントとは?

スポンサーリンク

結婚式や懇談会での乾杯の挨拶というのは、どんな時も色々と考えてしまうものです。しかもそれが、仕事や職場の部下の結婚式でということになると、上司として、かわいい部下のためにも張り切って乾杯の音頭を取りたくなってしまいますよね。

 

ですが、そんな大事なときに、緊張からしどろもどろになってしまったりしたら、なんとも言えない結果に終わってしまうこともありますから、しっかりと要点を抑えて、重要なポイントを抑えた乾杯の挨拶をしたいものです。

 

結婚式の流れでは、まず新郎新婦からの各々の主賓の挨拶から始まり、その後ウェディングケーキ入刀という流れになります。そしてそれが終わったら、やっと乾杯という流れです。

 

しかしながら、他の招待客からしても、乾杯までずっと食事などにも手を付けないようにままで、やっとのことで食事にありつけるのですから、長々と乾杯の挨拶をされてしまっても、口にはしないでしょうがあまり気分がいいとは言えないでしょう。そもそも乾杯の挨拶というものは、「乾杯」という最後の発声が重要なのですから、その前の挨拶というのは、いわば添え物です。ですから、極端なことを言えば、あなたが紹介された後に、すぐ乾杯をしてしまっても構わないということです。
スポンサーリンク

しかしそこは、上司として、主役の2人が結ばれたことへの祝福の挨拶、両家の繁栄と出席者への健勝を祈る言葉で完結させ、綺麗にまとめるのが望ましいです。部下の結婚式ということは、あなたとは違った年代の招待客も多く参加しているということです。奇をてらって挨拶をしてしまうと、逆に場の雰囲気を悪くしてしまうこともありますから、笑いを取りに行くよりも、場にふさわしい乾杯の挨拶をしていくのがやはり一番重要でしょう。

 

たとえ、例文を使った挨拶などは、ありきたりな言葉になってしまうかもしれませんが、逆に言えば、例文になる言葉は多くの場面で使用されて、その場面場面で相応しい言葉が揃っているということです。

 

そして、挨拶を一度まとめた後、奥さんや家族など第3者に聞いてもらうなどして、長い挨拶にならないように、客観的な意見を取り込むことも重要です。結婚式での挨拶はそれこそ、新郎新婦にとって一生に一度の大事なイベントでもあります。しっかりと相応しい挨拶をして、2人を送り出してあげるのが上司の役目ではないかと思います。

 

このサイトでは、こうした結婚式の他に、懇談会や会社での飲み会に使える乾杯の挨拶について紹介します。
スポンサーリンク