結婚式 二次会 乾杯の挨拶 例

結婚式の二次会で乾杯の挨拶を頼まれた際の例とポイントとは?

スポンサーリンク

職場でのかわいい後輩や、いつも親しくしていた友人が結婚するということになったら、あなたとしてもとても嬉しいものですよね。ですが、そんな結婚式の二次会で、あなたが乾杯の挨拶をするようにお願いされたら、ただ参加するというわけにもいかないでしょう。結婚式の二次会で乾杯の挨拶をするのが初めての人や、元々人前に立って話すのが苦手だという人もいるでしょうから、事前準備はしっかりしていきたいところです。

 

そんな結婚式の二次会では、どんな乾杯の挨拶が好まれるのでしょうか。今回は、結婚式の二次会でする乾杯の挨拶のポイントと例を紹介します。

 

まず、結婚式での乾杯の挨拶の基本は、長すぎない挨拶ということです。乾杯の挨拶をしている時には、出席者全員がグラスを片手に起立していますから、あまりにも長い挨拶になってしまっては、聞いている方も疲れてしまいますし、あまり好ましくありません。ですから、乾杯の挨拶は、できるだけスッキリと短めにまとめるのがポイントです。
スポンサーリンク

また、乾杯の挨拶での基本的な流れというのもあります。乾杯の挨拶を考える際には、まず最初に話の構成を考えるのが重要です。そこを考えてないと、どんどんスピーチが長くなってしまって、食事の時間が短くなってしまうなどの影響が出てしまいます。ですから、それぞれの構成を最初に考えた上で、それぞれの項目の文章を考えていくと、スッキリとした文章にまとめられます。
構成としては、簡単な自己紹介、祝福の言葉、新郎新婦のエピソード、はなむけの言葉・乾杯の発声、というのが一般的です。

 

挨拶の内容の例としては、

 

「ただいまご紹介に預かりました、伯父の○○でございます。
僭越ではございますが、乾杯の音頭をとらせて頂きます。
新郎新婦の末永いお幸せと、ご両家並びにご臨席の皆様方のご多幸とご繁栄をお祈りいたしまして、乾杯をいたしたいと存じます。
ご唱和をお願いいたします。乾杯!」

 

これが一番簡潔な挨拶の例ですが、これに一言二言エピソードなどを修正して最適な挨拶を考えてみてください。
スポンサーリンク