乾杯の挨拶 お礼状

お礼状を乾杯の挨拶をしていただいた方に送る際のポイントとは

スポンサーリンク

あなたにとって一大イベントである結婚式が無事終わってホット一息つきたいところですが、ゆっくり休むのはまだ早いですよね。結婚式が終わった次には、主賓や乾杯の挨拶をしていただいた方にどうやってお礼をするか考えなければいけないですよね。

 

主賓の挨拶や乾杯の挨拶、結婚式に出席してくれた人、はたまた司会や余興をしてくれた人にも何かしらのお礼はしたいところです。結婚式というのは、沢山の人の協力があって成功するものですから、お世話になった人たちへお礼をするのが礼儀ではないかと思います。しかし、その際に送るお礼状にどのようなことを書いたらいいか分からないという声もよくお聞きします。

 

そこで今回は、結婚式の後に送るお礼状の書き方とポイントについて紹介します。
スポンサーリンク

結婚式では、親族や友人のほか、遠方からわざわざ足を運んで出席してくれる人もいます。そういった人たちへのお礼は、結婚式が終わってからするのが礼儀です。

 

また、主賓の祝辞や乾杯の挨拶を依頼して引き受けてくれた人にも、後日改めて手紙という形でお礼状を出すようにしましょう。年賀状などのはがきをお礼として済ませる人も中にはいますが、年齢が上の方の場合や、御祝儀を頂いている場合には、手紙という形で出すのが一般的なのです。
お礼状を、内祝いの品に添える形で渡すとより気持ちが相手に伝わりやすいので喜ばれるでしょう。

 

結婚式が終わったら後は知らん顔という態度をとっていると、せっかく出席してくれた相手に対しても失礼になりますし、今後の関係性にも影響が出るでしょう。ですから、お礼状は結婚式が終わったらすぐにでも書き始めてしまいましょう。なるべく早い時期でお礼状を出すのが、大人の常識というものです。

 

お礼状を書く際のポイントは、お礼の気持ちを述べること、新郎新婦2人が喜んでいることを伝えること、今後のお付き合いや支援をお願いするような言葉を入れること、の3つです。できるだけ、手描きで書くと気持ちも伝わりやすいでしょう。
スポンサーリンク