結婚式 乾杯の挨拶 お礼

結婚式で乾杯の挨拶をしてもらったお礼の相場や方法とは?

スポンサーリンク

結婚式では、披露宴の際に乾杯の挨拶が必ずされますよね。新郎新婦の職場の上司や、学生時代の恩師など、自分より目上の人に依頼することも多いでしょうから、きちんとしたお礼をするのがマナーでもありますよね。
しかし、どのような形で感謝を表せばいいか、新郎新婦側も悩んでしまうことも多いようです。どんなお礼をするのがマナーとしていいのでしょうか。

 

今回は、結婚式で乾杯の挨拶をしていただいた人にするお礼の相場や方法について紹介します。

 

お礼の定番の一つには、やはり現金を包むというものがあります。お礼やお車代として現金を包んで相手に渡すようにしていれば、結婚式当日にお礼の気持ちを表すことができますよね。実際に掛った交通費より、多めにお車代を包むようにすると、相手にもさり気なくお礼を渡せるのがメリットでもありますよね。特に直接的に現金を渡そうとしてしまっても、相手が恐縮して断る場合ももあるかもしれませんから、相手が受け取りやすい工夫をするということも、大事なポイントです。
スポンサーリンク

その次に、品物を渡すというのも定番ですよね。品物を渡すようにする場合は、結婚式当日にお渡しするのではなく、後日に改めてお会いするようにし、相手の好みにあったものや新婚旅行でのお土産などを渡す場合が多いようですから、式当日に急いで渡さずに、後日ゆっくりと渡すようにしましょう。

 

後日ゆっくりお会いすることで、きちんと感謝を伝えることも出来ます。遠方からお越しいただいていた場合には、郵送でお礼状を添えて送るようにしましょう。

 

そして、引き出物を他の人とは差をつけてグレードアップさせるというのもお礼の仕方の一つです。これだったら、予め相手に渡してしまうものなので、自然にお渡しすることが出来ます。引き出物を1品プラスしたり、ほかよりちょっと高い引き出物にするなど、工夫も色々できます。
その時に、お礼として一言メッセージを添えておくと、お礼として伝わりやすいと思います。
スポンサーリンク