結婚式 乾杯の挨拶 親族

結婚式で親族がする乾杯の挨拶の流れと例

スポンサーリンク

身内の結婚式となったときに、親族であるあなたに乾杯の音頭の依頼が来ることもありますよね。親族の結婚は嬉しいものですが、乾杯の挨拶をするの方としては、色々と挨拶を考えなければならない場面もあるでしょう。

 

その時に、どんな挨拶をすればいいか、迷ってしまうこともあるでしょう。そんな親族の結婚式での乾杯の挨拶をする時の流れと、挨拶の例を紹介します。

 

まず、乾杯の挨拶を考えるにあたり、把握しておきたいのが結婚式での乾杯までの流れです。
通常は結婚式は新郎新婦の入場から始まり、その次に新郎新婦の各々の主賓の挨拶があります。ここで主賓の紹介が終わってから、いよいよ乾杯の挨拶、そして乾杯という流れになります。

 

この乾杯までが、披露式と言われます。

 

そしてこの乾杯が終わってからが、いよいよ結婚式となります。つまり、乾杯の挨拶をするのは、結婚式の前の段階でもありますから、目上の人や、親族がたくさんいる中での乾杯の挨拶となりますから、挨拶は丁寧に行うことが重要です。
スポンサーリンク

乾杯のスピーチの内容で大事なポイントは、大きく2つ、短く済ませる、笑顔で明るく、ということです。
他の招待客も多く参加していることでしょうし、食事なども手を付けずに待っていることですから、長くても1分位で済ませるのが好ましいです。

 

例えば、
「ただいまご紹介にあずかりました、新郎の伯父〜〜でございます。
それでは、新郎新婦の末永い幸せを祈りまして、乾杯をいたしたいと存じます。
ご唱和をお願いします。 乾杯!
ありがとうございました。」

 

などと言ったように、手短にすませるのもいいでしょう。
また、どちらかが形式を重んじる家の場合は、もう少し言葉を変える必要があります。

 

乾杯の挨拶をするときには、しっかりと会場の人全員にグラスが行き渡っているか一度会場を見回すなどして確認しましょう。行き渡っているのを確認したら、自分の顔の高さくらいにグラスを持ち上げて、ご唱和をお願いしますと一声かけた後に、「乾杯!」と言いましょう。
スポンサーリンク