乾杯の挨拶 例文 マナー 結婚式 送別会 懇親会

結婚式や懇談会での乾杯の挨拶のマナーやポイント

スポンサーリンク

結婚式や懇親会など、社会人なら誰もが一度は経験のあるものではないかと思います。特に結婚式なんかは、新郎新婦を始め、出席者にとっても特別なイベントの一つでもあると思います。ですが、そんなときに乾杯の挨拶を自分がやらなければいけなくなったら、ただ気楽に参加するという訳にはいかないですよね。

 

長年結婚式に何回も招待されたり、役職が高く、懇親会などではよく乾杯の挨拶を任される人、はたまた人前で話すのが得意な人にとっては、比較的簡単なものではあると思いますが、普段人前でしゃべることがなく苦手な人や、初めて乾杯の挨拶を任された人にとっては、難しいものでもありますよね。

 

初めての人にとっては、乾杯の挨拶の文章をどう考えればいいか分かりませんし、時間もどのくらいが適切なのかも分かりませんよね。その場その場によって、乾杯の挨拶までの流れというのもありますから、それを止めてしまうような挨拶にはしたくないところです。

 

ですから、結婚式などの乾杯の挨拶では、重要なところを押さえて挨拶を行い、せっかくの会場の雰囲気や流れを止めないようにしましょう。
スポンサーリンク

乾杯の挨拶を考えるに辺り、まず最初に考えるポイントは、話の構成です。結婚式はもちろん、懇親会や忘年会などでは、それぞれ適した挨拶の構成があります。
例えば、結婚式の披露宴で乾杯の挨拶をするときには、
・簡単な自己紹介
・祝福の言葉
・新郎新婦のエピソード
・乾杯の発声
といった感じで、構成するのが一般的です。この構成で、それぞれの文章を考えて、スマートにまとめると、間延びしない挨拶になります。

 

また、時間もあまり長くしすぎずに、結婚式での乾杯の挨拶であれば3分程、懇親会などの飲み会であれば1分程度で簡単にまとめると、聞いている方も集中して聞けますし、疲れませんから好ましいです。

 

そして、乾杯の挨拶は、出席者全員の雰囲気や場の雰囲気を決定づけるものでもありますから、恥ずかしそうにしたり、自信がなく声が小さくなってしまったりすると、会場も変な雰囲気になってしまいますし、盛り上がりにもかけますよね。
ですから、乾杯の挨拶の挨拶をするときには、明るくハキハキと、かっこ良くまとめるのがポイントです。そうすれば、会場の雰囲気もさらに盛り上がりますし、その後の流れもスムーズに行くでしょう。

 

このサイトでは、結婚式や懇親会、忘年会などで使える乾杯の挨拶のマナーやポイントについて紹介していきます。ぜひ、あなたが任される際には、参考にしていただければ嬉しいです。
スポンサーリンク